家事は上手に時短しよう!知っておきたいコツとは?

>

洗濯も時短できるんです

洗濯はタイミングが肝

洗濯をするタイミングは、人それぞれです。
仕事や育児、学校などがある人にとって、洗濯のタイミングはまちまちです。
ですが、もし時短をしたいと考えているのなら、ぜひおすすめしたいのが夜に洗濯をすることです。
その日に着ていた服もまとめて洗えますし、菌の繁殖を抑制することにもつながります。
夜に洗濯すると良いことは他にもあります。
夜に洗濯機を稼働させる、つまり夜間電力を使うのは、昼に使う電力よりも安く経済的です。
お風呂の残り湯を使って洗濯するのも実はとってもお得です。
20度以上のぬるま湯は洗剤の効果を高めるため汚れもよく落ちますし、余計な水を節約することができます。

ただし、洗濯機の騒音で近所迷惑にならないように気を付ける必要があります。

下準備と干し方に技あり

子供が外で遊んで泥だらけになってしまった服や、暑い日にできてしまった汗シミなど、汚れがひどい洗濯物も中にはあるかと思います。
そういった場合、洗濯機だけで完全に洗い流せなかったり、残ってしまったりすることがあります。
そういった洗濯物は洗濯機にいれる前に下洗いをしましょう。
少量の洗剤で軽くもみながら洗ってあげれば、汚れを落としやすくなります。

洗濯物は、かごやネットなどを用いて分類しておくと干すとき分かりやすくて楽になります。
室内干しをする場合はシワをしっかり伸ばしながら干すと、アイロンがけをせずに済みます。
部屋を閉め切り、湿度が低い状態を保つと早く乾きます。
除湿器をつかったり、エアコンのドライモードにしたりして、上手に除湿しましょう。
もし除湿器がないというときは、新聞紙を洗濯物の真下に置いておくのもアリです。


この記事をシェアする